JCとは
JC三信条

JC(青年会議所)とは

1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。
共に向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに各地に次々と青年会議所が誕生。1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。
現在、全国に青年会議所があり、三つの信条のもと、よりよい社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。
さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。

青年会議所の特性

青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。
これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。
会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。
この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。
各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていけます。
青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。
たとえば国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。

国際青年会議所(JCI)について

自由な社会と経済発展を実現し、新しい社会をリードするにふさわしい人材育成を目的として、1915年にアメリカ・ミズーリ州セントルイスに生まれた小さな青年活動グループから始まったJC運動は、その活動が認められ,アメリカの社会的活動を担う主要な青年団体へと発展していきました。
1944年には「積極的な変革を創り出すのに必要な指導者としての力量、社会的責任、友情を培う機会を若い人々に提供することにより、地球社会の進歩発展に資すること」を使命に、アメリカ、コスタリカ、エルサルバドル、グァテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマの8カ国によって国際青年会議所(JCI)が発足。
その後、年々加盟国は増え、日本も1951年に加盟、JCIの一員として新たな活動の一歩を踏み出しました。
会員数26万人以上の世界で最も大きな青年団体です。現役メンバーに加え約250万人以上ものOBがいます。
毎年11月には世界会議が開催され、世界中のメンバーが一堂に会する重要な国際交流の場となっています。

30年間の歩み

  活動内容
1984年 緑豊かなふるさと「小平」のより明るい街づくりを目指して725番目の会員会議所として創立
1985年 第1回わんぱく相撲小平場所開催(以後毎年開催)
1986年 小平落語を楽しむ会開催
1987年 ジュニアスタッフ事業の開催
1988年 人づくり事業の推進、MIAセミナー開催
1989年 明日の小平を考えるシンポジウム開催
1990年 小さな平和運動の開始、小さな平和シンポジウム開催
1991年 小さな平和コンサート開催
1992年 小さな平和運動スマイル絵画展開催
1993年 創立10周年記念式典開催、記念事業として「スマイリング小平」講演会と映画上映会を開催
1994年 16万人の愛する自然絵画展開催
1995年 福祉の子供の集いによる「一言メッセージ」の開催
1996年 隣人愛家族の絆を包括的に含む事業「手打ちうどんづくり大会」開催
1997年 第2回「手打ちうどんづくり大会」開催
1998年 現在ある保存記念樹林をより市民に親しまれるものに整備することを記念事業として「緑と心・ふれあいの林」公園を2年間で完成させた
1999年 現在ある保存記念樹林をより市民に親しまれるものに整備することを記念事業として「緑と心・ふれあいの林」公園を2年間で完成させた
2000年 「家庭でできる介護例会」の開催
2001年 JCの原点を見つめなおし、2委員会制による内部強化を徹底した
2002年 発想を新たに低金利時代を乗り切ろうペイオフ解禁の到来を見据えてを開催
2003年 40年ぶりの清流復活!【ふれあいの林】整備・豚汁会(周辺自治会、行政、一般市民参加)
サバイバルゲーム ~最近、こどもと本気で遊んでますか?~
2004年 輝く海を見に行こう!湘南徒歩ツアー
2005年 FC東京親子サッカー教室(共催:小平教育委員会幼児対象で70組の市内親子が参加)
2006年 自主防犯 自助と共助(後援:小平市) 18万人あいさつ運動(駅前街頭あいさつ市内各団体と協力し、あいさつの大切さを考える)
2007年 わんぱくスポーツチャンバラ大会 障がい者と考える住みよいまちづくり(共催:小平手をつなぐ親の会)
2008年 「 第1回学校対抗わんぱくなわとび甲子園」、「スナッグゴルフ交流戦」、「大切な命の写真展」
2009年 「夢を育もう!〜輝かしい未来のために」、「日々のごはんでエコしよう」、 「打ち上げよう!夢をのせて」
2010年 「わっはっは祭り」、「一歩進んだ自分 魅力向上計画」、「ありがとう!育もう豊かな心」、家庭でできるアロマテラピー講座」
2011年 「福島の子供と太陽の下おもいっきり泳ごう」、「コダイラ・ワーキングアリーナ」、「Letsチャレンジショップ」
2012年 「生命のメッセージ展」、「避難所体験2012」、「Cool&artで魅惑するこだいらかるた2012」、「テレビの裏側潜入ツアー」、「マナーアップ小平!」
2013年 「LEADER☆shipマイスター」、「東京ブロック大会小平大会」、「30周年記念事業〜親野智可等講演会〜」、「いいね!新・小平かるた」、「こだいら糧うどんづくり」
2014年 「広げよう人生の幅!知ろう色々な職業!」、「TSUNAGARI~古代体験記~」、「ヴィジョン イン ザ ワールド~障害者の世界観~」、「『まず親が、積極的に』~清水克彦氏講演会~」、「おとな小平デート」
2015年 「池田清彦氏講演会~親の意識改革から始まる子育て」、「異業種交流会〜この出会いで未来が変わる〜」、「第8回学校対抗わんぱくなわとび甲子園」、「第7回親子サッカー教室~輝く未来へシュート」
2016年 「こだママフェスタ 2016~ママの笑顔があふれる街へ~」、「ストップ!孤立死~セルフネグレクトを防ぐために~」、「第9回学校対抗わんぱくなわとび甲子園」